デスクワークの効率化にゲーミングマウスはアリ!【知らないと損する魅力と利便性を解説】

こんにちは。くらもんです。

 

突然ですが、あなたは効率的なデスクワークをできていますか?近年では、リモートワークが普及し、自宅でデスクワークを行うことが一般的になりつつあります。そして、多くの人が「もっと効率的に仕事ができればなぁ…」と感じているのではないでしょうか。

 

今回のテーマは、「ゲーミングマウスを購入した結果、非常に快適なパソコンライフが送れている件」というテーマでお話しします。あなたは、「たかがマウスで生産性なんて変わるわけがない…。」と思っているかもしれません。

 

確かに、マウスに搭載される機能なんて左右のクリックボタンとスクロール用のホイールだけで何がそんなに違うのか、と昔の僕も思っていました。しかし、実際にゲーミングマウスを手にしてみると、もう元のマウスには戻れないくらい快適で作業効率も大幅に改善されたのです。

 

なので、今回はデスクワークを効率化してくれるゲーミングマウスの魅力とその利便性・普通のマウスとの違いについて実体験を踏まえて解説します。

 

1:ゲーミングマウスの特徴

「そもそもゲーミングマウスって何…?」と思った方も多いと思います。

 

ゲーミング○○とは、ゲーマーが長時間パソコンなどでゲームをすることを想定し、快適なゲームプレイができるように特化された商品のことを指し、ゲーミングマウスとは、ゲーマーが長時間ゲームを快適にプレイできるように設計されたマウスのことを指します。

その特徴は、以下の四点です。

  • サイドにボタンがある
  • 軽い
  • 耐久性が高く壊れにくい
  • 反応速度が段違い

この4点です。もともと私も普通のマウスを使っていたのですが、ゲーミングPCを買ったときにマウスが付属してきたことでゲーミングマウスに出会い、①と②の利便性に感動しました。デスクワークをする人にとっては、①、②が特に優秀だと思います。

 

そして、最近Razer社のViper Ultimate を購入し、③と④の違いを実感し、感動しました。デスクワークの生産性にそこまで影響するわけではないですが、やはり素晴らしいメリットです。

 

これらのメリットについて1つずつ詳しく解説します。

 

2:ゲーミングマウスの魅力と利便性① サイドボタン

個人的には、ゲーミングマウスの最大の魅力はサイドボタンだと思っています。

ゲーマーが右手でも特定の入力を素早く行えるように設計されたもので、自由にカスタマイズできることが特徴です。

 

このボタンは、ゲームをプレイしていない時でも使用することができ、特定の動作をボタン一つで行うことができるので、非常に楽です。例えば、私が使っているRazer 社のViper Ultimateの場合、

  • 直前に表示していた画面に戻る(戻る)
  • 戻るボタンを押す前の画面に戻る(進む)
  • フォルダファイルを開く
  • ウィンドウを閉じる
  • コピー
  • カット
  • ペースト
  • Googleのブラウザを起動する

の計8つのコマンドをボタン一つで操作できます。

特に戻ると進むボタン、ブラウザを閉じるボタンについては、わざわざウィンドウ端にある「← →」のボタンや「×」まで移動させる必要がないので、ストレスフリー過ぎます。

 

一度このボタン操作に慣れてしまうと、ノートパソコンを使用した際にわざわざドラッグを合わせるのが煩わしくなります。

 

3:ゲーミングマウスの魅力と利便性② とにかく軽い

ゲーミングマウスはゲーマーが長時間マウスを操作利用することを想定して設計されたマウスなので、大きな魅力の一つに軽くて使い心地が良いということが挙げられます。

 

ゲーミングマウスは、平均100g前後と性能の良さの割に圧倒的に軽いことが特徴です。(私が使っているものは、74g)

 

そのため、僅かな力でマウスを動かすことができるので、長時間マウスを使う作業をしていても手が疲れにくく、非常に扱いやすいだけでなく、ふわっとした感触があるため、素早くカーソルを動かすことができます。

 

たしかにマウスの重さを気にしている人は、ゲーマー以外には中々いないと思います。

しかし、これは実際に触った人にしかわからないのですが、普通のマウスと快適性が全く異なります。ぜひ、一度試してほしいものです。

 

一方で、軽すぎるがあまり正確な位置でカーソルを止めるのは難しいというデメリットがありますが、正確なエイムを必要とするシューティングゲームでもない限り大きく気にならないのと、その辺の感度については自由に調整することが可能です。

 

4:ゲーミングマウスの魅力と利便性③ DPIが高く反応が良い

DPIとは、「Dot Per Inch」の略で、マウスを1㎝動かすとどれくらいのドットが動くかを数値化したものです。私の愛用ゲーミングマウスは、最大20000までで自由にカスタマイズすることが可能です。

 

また、クリックの耐久性が高い点も特徴の一つとなっています。

コンマ数秒で勝敗がわかれるゆえに、瞬間に正確な動作を求められるシューティングゲームなどにも対応しているため、無線のマウスであってもその反応速度は圧倒的です。

 

5:ゲーミングマウスのデメリット 価格が普通のマウスよりも高い

もちろんゲーミングマウスにもデメリットは存在します。最大のデメリットは価格が高いということです。普通のマウスはどんなに高くても2000円前後なのに対し、ゲーミングマウスは、有線の平均相場でおよそ3000円、無線の平均相場で7000円と非常に割高となっています。

ただ、価格相応以上のスペックを誇っているのは間違いありません。

 

また、ゲーマーが長時間自宅でゲームをプレイすることを想定して設計された背景のため、持ち運びに不便というのも難点です。

 

近年ではかなりBluetoothや、ワイヤレスに対応してきましたが、それでも外出向きかと問われたら正直微妙だというのが率直な感想です。ただし、ワイヤレスマウスの場合は充電持続時間が長時間のゲームを想定しているだけあって非常に長いです。(私の使っているマウスは70時間)

 

まとめ:長時間作業するならゲーミングマウスはかなりおすすめ

本日はデスクワークの効率化を図るための手段としてゲーミングマウスを使うと良いということをテーマにゲーミングマウスにどのような魅力があるのかについて紹介しました。

 

確かに、オーバースペックなところがあり、人によっては要らないと思うかもしれないですが、実際に使ってみるとやはり便利です。

 

ぜひ一度ご自身で手に入れて、実際に使ってみてほしいと思います。

それではまた。

私の愛用マウスはこちら→https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-mice/razer-viper-ultimate

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました